読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前にまつわるエトセトラ

旦那の転職に伴い、健康保険証が変わることとなった。
既に手続き中と聞いているが、今日現在、私の手元には届いていない。
旦那の分が届いているにも関わらず、だ。
或る意味失礼な話だが、こればっかりは仕方がない。
余程のことがない限りは病院に行くのはやめよう、と心に誓う。
ま、そのうち届くと信じているが。
ところで、被扶養者としての届け出書類を提出した際、こんな話が出ていたそうな。
曰く、「同姓同名の社員がいるので、表記を片仮名にしてもいいかな?」と。
私の名前は旧字体を使っていることもあり、公的機関以外では新字体に直されることが多い。
今回もそうなるだろうと考えていたら、何と片仮名!
しかも苗字まで片仮名にするという。
私自身はそれでも構わないが、問題は病院等の医療機関に提示した時の反応。
外国籍でもないのに(しかも戸籍上の名前とも違う)フルネームが片仮名表記の保険証が認められるとは到底思えない。
せめて苗字ぐらいは漢字で表記して欲しいし、本音を言えば「名前ぐらいきちんと表記しろ」と言いたい。
そもそも「同姓同名」の人が存在すること自体、私には信じがたいのだが。
(新字体を用いることで「同姓同名」になるなら、話は別)
いずれにせよ、その点で揉めているのか、未だ保険証は届かない。
願わくば今月中にでも…と思っているが、この調子では難しいだろうな。

さて、非常にありふれた名前を本名に持つ私は、子供の頃から自分の名前が大嫌いだった。
しかも旧姓までがありふれていた為、テレビドラマの主人公が同性同名(但し、新字体)だったことも。
それ故出来ればありふれていない名前に改名したいと密かに考えていたが、ある出来事が切っ掛けとなり、平凡な名前も悪くないと思えるようになった。
それは、とあるラジオ番組でのこと。
あるリスナーさんの投稿が読まれた際、パーソナリティが一言、「○○りん、ありがとう」と発したのである。
○○の部分は恐らくリスナーさんの本名だろう。
彼女がどういった漢字を使っているかまではわからないものの、私と同じ音を持つ名前であることには違いはなく。
そのパーソナリティのファンであった私は、ただそれだけのことでテンションMax!
何処にもある名前であるからこそ、こうして読まれる機会も多いと悟ったのである。
それ以来、○○という名前が大好きになったし、特に声に出した時の響きが美しいと思えるようになった。
なまじ平凡な名前だけに、平仮名表記にすればこっちのもの。
個人が特定されにくいことをいいことに、とあるゲームサイトではしっかり「○○りん」を名乗っている。
同じ名前を名乗る人なら、恐らく他にも存在するだろうし、個人情報を開示しない限りは「私」であると特定することは不可能な筈。
そういう意味では平凡な名前で本当に良かった。
流石にブログ等では「しゅうか」を名乗るが、ひっそりと行動したい時は敢えて「○○」を使うことにしよう。