読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とiPod

最近iPod classicを持ち歩いている。
「その時の気分で音楽を選びたい」と考えた時、120GBのiPodはとても魅力的だったのだ。
事実、このiPodにはT-SQUAREのアルバム全てと関連する幾つかのアルバム、ついでに某アイドルの楽曲を放り込んでもなお、容量に余裕がある。
流石に全ての楽曲を持ち歩くことは不可能だが、「きっとこれが聴きたい気分がある」と思われるものを中心に少しずつ同期させる予定。
唯一の不満が目的のアルバムをスムーズに探し出せないことだが、これとてプレイリストを作ることである程度は解決出来るだろう。
むしろ「音楽を楽しむことしか出来ない」シンプルさをもっと評価すべきと思う。
勿論、iPhoneでも音楽を楽しむことは出来る。
iTunes Matchを利用しているので、一々音楽ファイルを同期しなくともCloud上にある音楽ならいつでも聴くことが出来る。
例えば、洗濯物を干している時。
例えば、お風呂場でのんびりしている時。
イヤホンなしでも聴くことが出来る点は非常に有難いし、自宅にいる時は専らiPhoneで聴くことが多い。
ところが、外出先となれば話は別。
予め音楽ファイルをダウンロードしておけば話は別だが、ストリーミング再生だと通信量も馬鹿にならないし、下手すると7GBの制限に引っかかってしまう。
その点、iPodは場所を選ばない。
ネックストラップを利用して、首からぶら下げることも出来る。
ロックをかけておけば、うっかり早送りボタンを弄る心配もない。
iPhoneでメールをチェックしながら、iPodで音楽を聴く。
もしくはゲームを楽しみながら、音楽を聴く。
これ以上の楽しみが他にあるだろうか。
ということで、長い間放置していたiPod classicは再び日の目を浴びることとなった。
因みに、iPod touchは全く別の目的で活用している為、普段は持ち歩かない。
ま、札幌に里帰りする際には何種類か持参してもいいかも。