今日の憤り

火曜日、あるイベントのチケットを入手する。
その際、「ちょっとした宿題」が提出出来ることを知り、早速指定のURLにアクセス。
しかし、何度試みても「番号が間違っています」と門前払い。
しかもアクセス可能なのは木曜日の午前10時まで。
私には時間がないのだ。
ということで、問い合わせフォームを利用して苦情を入れる。
正直、気分が悪い…と。

水曜日、漸く先方から返信が。
時刻は午後2時過ぎ。
問い合わせを入れたのは前日の午後5時過ぎだから、半日以上も放置されていたことになる。
この時点で切れそうになる。
(お気付きだろうが、私は短気である)
問題は本文だが、結論から言えば「明日(即ち、木曜日)の午前10時までに以下の事項について問い合わせフォームから投稿してください」とのこと。
それだけならまだ我慢も出来たが、許し難いのは「その番号が正しいことが確認され次第、適切に処理します」と記されていたこと。
お言葉ですが、チケットでしたら火曜日の時点で発券済ですけど?(怒)
ま、念には念を入れて「払込票番号」はメールに記載されたものをそのままコピペした。

木曜日、再び先方から返信が。
問い合わせフォームを通じて「宿題」を受け取った旨の連絡あり。
それはそれで構わないが、何故に「その番号が正しいことが確認され次第」の文言をメールに入れてくるかな?
因みに、問い合わせフォームから投稿したのは水曜日の午後8時頃。
受付〆切が午前10時であれば、それからでも確認出来るよね?
半日以上も放置した上で、その言い方はちょっと酷いのでは?
参考までに、この連絡があったのは午後5時過ぎのこと。
これから確認するというけど、果たして間に合うのか?(怒)
火曜日の段階から気付いていたけど、もう少し迅速な対応が出来ないものかね?
それで良く商売が出来るものだ…と本気で呆れている。
(この手の問い合わせフォームは外部委託が多いと思われるので)
百歩譲って「お客様のおっしゃる通り、ちゃんとした番号でした」と一言書けないものか。
私は今、腸が煮えくり返っている。。