読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のメモ帳

iPhoneには標準のメモアプリがある。
それ以外にも多数のメモアプリがある。
デザインに特化したもの。
キャラクターをあしらったもの。
女性向けの、可愛いデザインのもの。
とにかく機能的なもの。
何れも魅力的なアプリではあるが、それでもパソコンで文字を打ち込む時程スムーズには入力出来ない訳で。
修正を加えたくとも、ちょうどいい箇所にカーソルが移動するのはごく稀のこと。
結局は本来修正する必要のない箇所まで巻き込む形となる。
正直、苛立つ。
そんな時、私は気付いた。
我が家には複数のメモ帳があることに。
その大半は無地のもので、それこそ思う存分文字を書くことが出来る。
そう、手書き文字なら自由に書き記せるのだ。
必要とあれば修正ペンを使うことも出来るし、少なくともアプリのメモ帳よりは使い勝手が良い。
たまたま「記録したい事柄」のあった私は早速手持ちのメモにそれを書き込み、紛失してしまう前にiPhoneで撮影する。
メモ本体も残しておくが、念の為に画像としても残しておくのだ。
この画像を予め設定したフォルダに放り込み、手持ちのiPod類からも閲覧可能な状態にしておく。
不要になったら削除すれば済むことだし、iPhoneなら常時持ち歩くのでメモそのものをなくす危険性がない。
唯一の欠点が「長文を書き込めない」ことだが、そもそもメモ帳に長文を書き込む必要を感じない。(ブログの下書きであっても、最終的にはパソコンから投稿するだけだ)
あくまで日常的に残したいメモだけを撮影するのだから。
このことに気付いて以来、積極的に手書きメモを活用している。
チェック機能が必要な場合はリマインダーを利用するが、大抵の場合は手書きメモで事足りるのだ。
ということで、最近はメモ用紙に必要事項を記入し、そのまま撮影している。
慣れてしまうと、意外に便利だよ。