読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この一週間

実はこの1週間、非常にバタバタしていた。
某アイドルのライブビューイングは見事に外れ、悔しい思いをしたものの、その後それどころではない事態が発生。
今日現在もそれに振り回されている。
休日といえども自由な時間は少なく、心身共に疲労がたまっている状態。
それでも月曜日に届いたiPhone6のお陰で、ほんの少し気持ちは上向き。
手帳タイプのケースが欲しいとぼやきつつも、未だ購入には至らず。
というのも、思いの外本体カラーが美しく、それを隠すことに抵抗があるから。
結果、予め購入していたクリアケースが外せずにいる。
ただ、本体が薄すぎるせいか、ケースがパカパカするのが気になるのよね。
それがなければ買い替える必要もないんだけど。
ま、気長にケースは探すことにしよう。
何しろこの先2年間は付き合うのだ、変に妥協せずに納得のいくものを選びたい。
ところで、事前の噂で「大きい」と言われていたiPhone6。
いざ使ってみると、さほど大きいとは感じず。
決して手の大きな方ではない私でも片手操作は可能な大きさだ。
これがiPhone6plusとなれば話は別で、老眼の身には有難い大きさではあるが、流石に実用的ではない。
使い勝手の良さは認めるものの、少なくとも私には不要ということで。
さて、今回64GBを選んだ私であるが、その理由は「32GBが廃止されたことに危機感を覚えた」から。
実は8GBのiPod tocuhを所持しているが、これがまぁ、使い物にならない代物で。
既にアップデートからも見放され、音楽はさほど同期出来ない、アプリを入れるにも限度があるといった状態で、最近では充電すらしていない状態。
生憎売却の予定はないものの、今後どうするべきか悩んでいる。
で、iPhone6である。
標準アプリだけでも相当の容量を使うと予想されたし、アップデートの度に空き容量が減るのを散々見てきた私にとって、これは16GBにすると危険だぞと直感的に思ったのだ。
iPhone5ですらギリギリ(といっても3GBは残していたが)だったのに、iPhone6だとかなり厳しいのでは?
そう考えた私は迷わず64GBを選択。
恐らくこれが正解なのだろう。
現在はまだスカスカの状態だが、この状態がキープ出来るよう努力しなければ。