私は多面体

自覚はあった。
無意識のうちに、顔を変えていたことに。
アイドルの話をしても大丈夫な仲間。
政治にまつわる素朴な疑問をぶつけられる仲間。
iPhone好きな仲間。
それぞれに話題があり、見せる私がいる。
それは当たり前のことと信じていた。
恐らく、社会人となるまでは。
 
で、多面体の私は変わっているのだと思っていた。
縁あって、色彩心理を学ぶまでは。
そこで話を聞くうち、どうやら仲間がいるらしいぞと確信する。
ホッとすると同時に、もっと深い部分が知りたいと思った。
それ故、カラータイプの講座を受けた。
仕事につなげる為ではなく、ただ自分自身を知る為に。
実際に受講した人なら気付くだろうけど、誰かを診断する過程ですら自分が見えてくる。
投影されるとまでは言わないものの、そこに自分の価値観が出てくる。
それまで気付かなかった一面が顔を覗かせ、思わずハッとするのだ。
少なくとも、私はそう。
色に例えるなら完全にグレーで、しかも限りなく黒に近い。
日常では典型的な(そして、情けないくらいに)協調タイプなのだが、何かの拍子にスイッチが入り、そこから先は猪突猛進。
他人の意見など一切聞かず、我が道を貫く。
例えば、アメーバIDを丸ごと削除したり、mixiアカウントをゼロから作り直したり。
何れの場合も、きっかけは憤り。
どうしても許せない言動をする輩がいて、アメンバーを解除したり、マイミクから外すことで気持ちが収まる状態じゃなかった。
だから、削除。
幸い、携帯番号が変わっていたので、mixiアカウントはどうにかなった。
無理して作る必要もないけど、あると便利なので。
こんな奴が協調タイプと名乗ったところで、誰も信じてくれない。
大抵は決断タイプか創造タイプと言われる。(具体的な色で指摘される)
多分、そうした顔も持ち合わせているのだろう。
後先考えずに行動する無鉄砲さと一緒に。
 
因みに、最近のお気に入りは赤のVネックとグレーのカーディガン。
果たして、これは何を意味するか。