備えあれば憂いなし

ふと思った。
何れアップデートの対象外となる我がiPad
恐らくiPad(バージョンすら覚えていないが、相当古い)の方が先に打ち切られるだろう。
いや、iPad miniとて例外ではない。
正直何方か一台が残れば如何にかなるが、今から覚悟を決めても早過ぎることはない。
ということで、一年かけてiPad資金を残すことにした。
金額の目安は発売中のiPad128GB。
勿論、そんな大容量が必要な訳ではない。
今後予測される値上げ等に備え、基準をそこにしただけ。
実際には64GBもあれば十分だ。
当然、消費税率も加味。
増税前の購入を予定しているので、予算としては十分だろう。
ただ、一つだけ不安がある。
iPad miniの発売が停止されることだ。
これは困る。
幾ら老眼でも、iPadは重過ぎる。
タブレット端末としてはiPad miniが丁度良く、電子書籍を読むにも便利。
第一、持ち運びが可能だ。
ケースも大好きなドナルド=ダックで、然もキャラクターが目立たない。
そんな訳でiPad miniを希望するのだが、最悪の事態を予測するのが予算設定の基本。
気が変わることもあり得る訳だし、先ずは資金確保だ。

iPhoneから送信