読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフの呟き

加齢と共に、人格は丸くなるものと思っていた。
積み重ねた経験を元に、ある種の諦めと割り切り、そして受容の心が人を成長させると信じていた。
そう、過去形だ。
自分を含め、忍耐に欠けたアラフィフが多いと感じている。
正しいのは自分のみで、それ以外のものは徹底的に否定する人。
自分の価値観と異なるものは理解すら出来ない人。
自身の言動は棚に上げて、平気で他人を批判する人。
若者のそれも腹立たしいけど、アラフィフのそれは見苦しい。
このまま嫌味な老人になるかと思うと情けないやら、嘆かわしいやら。
そんなことを愚痴っていたら、皆そうだよ…と慰められた。
それは見ず知らずの誰かが投げた言葉だけど、その響きの温かさが心の氷を溶かしてくれる。
見ず知らずの相手だからこそ、言葉だけが伝わるのだろう。
アラフィフも悪くないな、と改めて思う。
残念ながら性格は丸くないけど、それでも他人の言葉に耳を傾ける余裕は持ち合わせている。
それで十分なのかも。