読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢を重ねる毎に、人は頑固になる。

年齢を重ねる毎に、人は頑固になる。
個人差はあるだろうし、幾つになっても柔軟性を失わない人も存在するのだろう。
けれど大半の人は保守的になり、都合の悪いことは見事に忘れてしまうようだ。
結果、自分が若い時はどれほど立派だったかを風潮してみたり、他人の言葉に一切耳を傾けなかったり。
そうした傾向が顕著に表れるコミュニティが某mixi内にある。
問題のコミュニティはアラフィフが対象。
ローカルルールが幾つか存在するが、平気で無視する輩が後を絶たない。
その都度管理人が注意を呼び掛けているのだが、自己主張の強い彼らの耳にはその声は届かないのだろう。
ローカルルールといっても、決して厳しいものではない。
例えば、誹謗中傷は行わないとか。
レス禁止のトピではレスを行わないとか。
たったこれだけのことすら守れないのだから、如何に日本語の読めない人が増えているかがわかる。
つい先日も、明らかに誹謗中傷と思われる呟きが見受けられ、いつの間にか管理人によって削除されていた。
勿論、名指しはしていない。
当事者にだけ伝わればいい、といったニュアンスだった。
それでも誹謗中傷であることには変わりがない。
アラフィフなら場の空気を読め、というのが管理人の本音であろう。
ま、それが出来ないからローカルルールが必要であり、それを厳格に運用する強さが必要となる。
わかっているけど、何か切ない。
お世辞にも大人と呼べない未熟な私ですら、自身の発言には慎重になるのに。
場の空気を壊すリスクぐらい頭に入れているし、それ相応の覚悟なしでは爆弾投下は行わないのに。
年齢を重ねる毎に人間が丸くなる、なんて幻想なんだろうね。
意識的に変わろうとしない限り、その本質は歪みを増していく。
悲しいけれど、それが現実。