読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加齢を考える

その人は40代。
恐らく同年代の女性よりは若々しい。
何故なら彼女は女優であり、人一倍美容には力を注いでいるだろうから。
当然ですな、商売道具だもの。
並外れた努力をして、己の美貌を維持する。
常人には到底真似出来ない話だ。
しかし。
美しい筈のその女性は何故か痛々しく思えた。
この人、こんなに顔が大きい人だったっけ?
この人、こんなに若作りが目立つ人だったっけ?
一時期巷を賑わせていた美魔女に近い何かを感じ、私は悲しくなった。
決して褒められた言い回しじゃないけど、明らかにその人は「劣化」していた。
きっと加齢が原因ではない。
良くも悪くも「現実」を受け容れなかった結果が現在の彼女なのだろう。
年齢を重ねてもなお美しい女性は生き様もまた美しい。
それは心の持ち方かもしれないし、潔く老いを受け容れた結果かもしれない。
決して悪足掻きせず、その年代だからこその美しさを極めた人こそが「美しい人」と呼ばれるのだ。
それにしても、現実は厳しい。
せめて背筋を伸ばし、同年代よりは若々しくありたいものだ。