信者じゃないもん

いつからライブを楽しむ為に「予習・復習」をすることが必要になったのだろうか。
真っ新な状態で足を運び、真っ新な気持ちで音を楽しむ。
それこそがライブの醍醐味であり、それが切っ掛けでCD等を購入することもあるというのに。
天邪鬼な私は、それでも事前にCD等を聴き込むことはしない。
昔から好きだったフュージョン系は言うまでもなく、例えそれがアイドルであっても真っ新な状態に拘る。
そりゃ予備知識があった方が楽しめるライブは少なくない。
事前準備を必要とするライブも稀にあるが、必ずしもそれを受け容れる必要はない。
本気でそう考えている。
尤も、こういう考え方は少数派のようで。
少なくともアイドル関連のコミュでは「アーティストを楽しませる為」にファンが頑張るのが常識であり、それが出来ない人は「ファンの資格がない」とまで言われる始末。
古参と呼ばれるファンほどこういった傾向が強いようで、そういった内容の書き込みを見る度「新興宗教の集会でもあるまいし…」と呟いてしまう。
正直この手の「信者」は苦手である。
「信者」同士で固まる分には支障がないが、時に「布教活動」を始めるから性質が悪いのだ。
私は私、あなたはあなた。
私には私の楽しみ方、あなたにはあなたの楽しみ方。
その点さえ理解してくれれば、「ヲタ」に対する視線も少しは和らぐと思うのだが。