読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルカラーを意識してみる

悲しいかな、年齢を重ねる度に似合わない色が増えている気がする。
もともと寒色系の色を苦手としていたが、この頃は着用しただけで「顔色が悪いな」と認めざるを得ないのだ。
明らかに似合わなくなっている色。
チークを濃いめに入れたところで、印象は変わらない。
勿論、逆もある訳で。
明らかに顔色が明るくなる色もある。
素人目にわかるほど、似合う似合わないが明確になってきたのだ。
そうか、若くない人ほどパーソナルカラーの知識が必要なのか。
幸い、私は自分がイエローベースであることに気付いている。
スプリングタイプであることも自覚している。
だったら、可能な限り明るい色をトップスに取り入れよう。
青みの強い色は極力避けよう。
ただこれだけを意識することで何かが変わる気がしている。
年齢は戻せないけど、その年齢なりに輝くことは可能な筈。
そんなことを考えながら、日々着るものを選んでいる。