ヘボン式と訓令式

これまでローマ字表記を意識したことはなかった。
表記が二種類あることは覚えていたが、両者の違いなど全く覚えていない。
どうやらごちゃ混ぜになっていたようだ。
 
一例をあげよう。
「しゃ しゅ しょ」を打ち込む際、私は「sya syu syo」と打つ。
ハンドルである「しゅうか」も「syuka」だ。
疑問に感じたことはない。
けれど、多くの人は違うらしい。
いつものように「VS嵐」を見ていたら、ローマ字表記の話が出てきたのだ。
その時、櫻井君が言った言葉を私は忘れない。
ファンクラブの会員証に記された名前が間違っていると言うのだ。
彼曰く、「しょう」は「sho」と表記するのが正しいとのこと。
ところが、私に言わせれば「しょう」は「syo」なのだ。
決して間違いではない筈。
でも、何故表記が違うと言われてしまうのか。
疑問に感じた私はGoogleで検索してみた。
その結果、ローマ字表記にはヘボン式訓令式があり、私が学んできたのはどうやら訓令式であったこと。
一方、パスポート表記はヘボン式でなければいけないことがわかった。
それ故、櫻井君の名前は「sho」でなければいけないし、だからと言って「syo」が間違いであるとは断言出来ない。
現に「翔」と変換する時は「syo」と打ち込んでいる。
そうした背景を知った上で「表記が違う」と言うなら、きっとそれが正しい。